Tue 07.10.2012
宇目

木浦鉱山の最盛期を物語る 千人間府(せんにんまぶ)江戸時代、スズや鉛などを産出し佐渡金山と並ぶほど有名であった

ここを二千人の坑夫たちが出入りしていた
千人間府とは、木浦鉱山の大切坑のことで、木浦山で一番規模が大きく産出量の多い鉱山でした。木浦鉱山の村落から少し登った大切峠手前に残る坑道です。最盛期には、毎日二千人の坑夫が入坑して『千人間府』とよばれるようになりました。銀・錫の産出はとくに素晴らしく、大切銀坑は佐渡、但馬、石見と並び、わが国の四大銀山の一つとして栄えました。当時は、現在よりも広い地域に町並みが発達していたと考えられ、『代官屋敷』や『馬方宿』の跡、それに長門町、金具町といった小字名が残ったいます。 木浦鉱山は昭和32年頃に閉山し、その後、希少鉱物のエメリーの採掘が一部で続けられていましたが、それも平成23年に閉山しています。

Information

施設データ

木浦鉱山千人間府
○所在地:大分県佐伯市宇目大字木浦鉱山字大切

お問い合わせ先

佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

アクセスマップ

Facebookページ

Link

  • 佐伯キャンプ・温浴ガイド
  • 味力全力!
  • 佐伯藩菊姫物語
  • さいきレストラン2015
  • 大分・宮崎ドライブパス
  • かぼすブリ・かぼすヒラメ
  • 日豊海岸シーニック・バイウェイ
  • 黒潮の極佐伯寿司海道
  • 佐伯ごまだし暖簾会
  • 東九州伊勢えび海道
  • ぶんご丼街道
  • 大分島めぐり
  • 佐伯市歴史資料館
  • 佐伯市城下町観光交流館
  • 佐伯の人手間物語
  • 佐伯市スグレモノ情報館
  • 佐伯市
ページトップ