Thu 09.20.2012
佐伯市街

鎌倉時代に造立した 十三重の塔県指定の文化財 当時この地で勢威をふるっていた豪族佐伯氏の供養塔

7.6mの高さがある十三重の塔
大分県指定有形文化財。総高8.5m、基礎幅1.2m
凝灰岩を用いており、各層の軸部には、扉と弥陀坐像が刻まれている。所々に黄、朱などの塗彩の名残が認められる。
基礎の四面に2個づつの優雅な格狭間が刻まれていて、初層軸部の四面には三尊仏立像が細やかに肉彫りされている。
昭和45年現在地に移転された。 
JR上岡駅の北方約200mの小高い丘の上に立つ。

Information

施設データ

十三重の塔
○所在地:大分県佐伯市大字上岡1班
○電話:0972-23-3400
○駐車場:なし
○料金:無料

お問い合わせ先

佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

アクセスマップ

Facebookページ

Link

  • 佐伯キャンプ・温浴ガイド
  • 味力全力!
  • 佐伯藩菊姫物語
  • さいきレストラン2015
  • 大分・宮崎ドライブパス
  • かぼすブリ・かぼすヒラメ
  • 日豊海岸シーニック・バイウェイ
  • 黒潮の極佐伯寿司海道
  • 佐伯ごまだし暖簾会
  • 東九州伊勢えび海道
  • ぶんご丼街道
  • 大分島めぐり
  • 佐伯市歴史資料館
  • 佐伯市城下町観光交流館
  • 佐伯の人手間物語
  • 佐伯市スグレモノ情報館
  • 佐伯市
ページトップ